がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんを治す生き方

がんを治す生き方を綴っております

ミトコンドリアを元気に

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気・がん克服から得た8つの法則・がん

 

自然治癒研究家・塚本みづほ


私達の体はエネルギーを作る2つのシステムを使い分けています。


1つは解糖系です。


解糖系は酸素を必要とせず低体温でも糖質から素早くエネルギーを作ります。

子どもの頃は解糖系優位で、しっかり食べて活力を確保し成長し続けます。

細胞の分裂が活発なのが解糖系の特徴です。

 

もう1つはミトコンドリア系です。


ミトコンドリア系は酸素を取り入れ、深部体温37.5℃で効率よくエネルギーを作ります。

細胞分裂を抑制するのがミトコンドリア系の特徴です。

 

お母さんのお腹の中にいる胎児は解糖系を優位に働かせ細胞分裂と増殖を繰り返し成長しますが、生まれて酸素を取り入れるようになると、ミトコンドリアが増えてきます。


ミトコンドリアが増えると分裂抑制が働き成長がストップします。

 

この2つがバランスを取りながら私達は生きていますが、年齢と共に瞬発力派の解糖系優位から持久力派のミトコンドリア系に移行していきます。

 

それなのに年齢を重ねても若い時と変わらない様にたくさん食べて容赦なく解糖系のエネルギーを作りつづけると高血糖になり糖尿病の引き金になります。

 

そしてミトコンドリア系の負担になり活性酸素が発生しガンなどの病気を引き起こすのです。

 

過食はミトコンドリアの中に働きかけてくれる酵素も失ってしまいます。


年齢と共に少食にしていくことがミトコンドリア系への上手な働きかけになりますね。

 

本来、人は年齢と共にエネルギーの生成を解糖系からミトコンドリア系に移行していきますが、ミトコンドリアの機能が低下するとエネルギーが作られなくなり病気が治りにくくなります。

 

ちなみにガン細胞の中ではミトコンドリアの機能が低下していることはよく知られています。

 

ミトコンドリアの強化は体温と酸素が必要です。

 

ガンになった頃の私はミトコンドリアの機能が低下していたのでしょう。


それもその通り、あの頃の私は低体温だったのです。

 

低体温ではミトコンドリア系は当然働いてくれません。

 

ミトコンドリア系を働かせるには体温を上げることです。


ちなみに私の今の体温は36.7~37.0℃です。


体を温めることはもちろんですが、

 

私は『抗酸化物質』で血液の循環を良くし低体温から脱出いたしました

 

おかげで今はガンになる前よりずっと元気で体調もとてもいいです

 

感謝です

 

癌が治る生き方・がん自然治癒への法則・自分で治す自然療法

がんにならない野生動植を見習う – がん自然治癒・がんが治る生き方

 


がん自然治癒研究家・塚本みづほ