がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんを治す生き方

がんを治す生き方を綴っております

西洋医学の限界

  がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気

      がん克服から得た8つの法則

 

 

 

 

医療は進歩していると言いながらも日本のガン患者はどんどん増えています。

 

死亡者数も増えています。

 

一方、アメリカではガンは減少傾向にあります。


それどころかガンでの死亡率も低下しています。

 


それは何故でしょう・・・

 


アメリカと日本の1番の違いは、アメリカは代替療法先進国だということです。

 


代替療法とは西洋医学以外の、医学・医療の総称です。


鍼灸・気功・ホメオパシー食養生・健康食品など・・・

 

このような代替療法で免疫を高めることでガンに死亡率を減らしているのです。

 


アメリカでは、栄養補助食品の必要性も積極的に説いています。


しかも政府がですよ!

 


アメリカの6割の医科大学代替療法をカリキュラムに取り入れているそうです。


だからアメリカの医師は普通に患者さんに栄養補助食品をすすめるのです。

 

残念ながら日本の医科大学では代替療法を学ぶ場は非常に少ないのが現状です。


だから、ガンになっても免疫を高めることを教えてくれる医者はほとんどいないのです。

 


そして、患者さんの一部分だけしか診ないのが西洋医学の特徴です。

 

診療科がそれぞれ分かれていて、専門性でいえば効果を得ているのでしょうが、専門の臓器しかみない診察、つまり患者ではなく臓器診察になってしまっている気がします。

 

悪い一部分を一生懸命治しても血流が悪ければ、また同じところ、もしくは別の場所が侵されてしまいます。


悪くなった原因そのものを改善しない限り、また同じところ、もしくは別の場所がガンになるのです。

 


とはいえ、悪いことばかりでも無く、西洋医学は怪我などの外的なものや急性期・救命は本当に素晴らしい力を発揮していると思います。

 

だから全体をみる・総合的に取り組むことが大切だと思います。

 

西洋医学で限界にきた患者さんも代替療法で元気を取り戻すことは珍しくありません。

 

アメリカが代替療法をガン治療に積極的に取り入れているのは西洋医学だけでは限界があることを悟ったからでしょう。


それにより、ガンを克服する人が増え、尚且つ、ガンになる人が減ればそれで良いんじゃないかと思います。


日本は代替療法自体が知られていません。


特に田舎にいくほどまだまだです。


だから西洋医学一辺倒になりがちなのです。

 

健康保険の破たんが起き、それでも患者さんが良くなっていっているのならまだしも、保険は破たんする!ガンも治らない! これでは困りますよね。

 

 

がん克服への近道・・・ご相談ください

TEL 084-925-1271

詳しくはこちら➡http://www.qualitypro.jp

 

 

日本も近い将来起きるであろう健康保険の破綻。

 

結局は自分の身体は自分で守るしかないのです。

 


そのために政治・経済・医学におけるジャーナリズムは必要だと私は思います。

 

 

     癌が治る生き方・がん自然治癒への法則・自分で治す自然療法

 

 

  がん自然治癒研究家・塚本みづほ