がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんを治す生き方

がんを治す生き方を綴っております

がん細胞修復時間

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気

 

がん克服から得た8つの法則

 



何時に寝るかで体は決まります!!

 


白血球を増やし、ガン細胞を正常細胞に戻してくれる時間は夜10時から朝の3時までです。

 


この時間に起きていると細胞の修復が出来なくなります。

 

本来、この時間は副交感神経が働くはずの時間ですが、起きていると交感神経が優位になってしまいます。

 


交感神経優位の状態だと細胞の修復が出来ないだけでなく、毒素の排出も出来なくなります。

 


交感神経が優位のままでは、当然リンパ球も増えません。

 

交感神経、副交感神経が常にバランスをとることで体は健康を保たれているのです。

 


しかし、夜遅くまで起きていると交感神経が働きっぱなしになり自律神経のバランスを崩してしまいます。

 


さらに成長ホルモンが分泌する時間は夜の10時から2時までです。

 

この成長ホルモンは、子どもだけでなく、私達大人にも影響します。

 

アンチエイジング、つまり若返りのホルモンですね。

 

早寝早起きがどれだけ大切か分かります。

 

 がんを治す・睡眠・NK細胞活性はこちら➡http://www.qualitypro.jp/20160811153821

 


仮に眠れなくてもテレビなどは切り、横になることです。

 

この時に湯たんぽでお腹を温めるのも良いでしょう。

 

お腹を温めると副交感神経状態になり、リンパ球が増えやすい状況をつくります。

 


そして、寝る前に考えたことが現実をつくっていきますので今日の感謝や善いことを考えることです。

 

不安やマイナスなことを考えると、横になっていても交感神経が常に働いてしまいます。

 

そして、その通りの現実が起きてきます。

 


ガンが治るイメージを頭にしっかり描いて寝ることです。

(但し、治すための自助努力は必要です)

 

夜早く休むと朝の目覚めも良くなります。

 

早く起きれば朝陽を拝むことが出来ますから、こんなに素晴らしいことはないでですね

 

夜型生活から朝型生活へ・・・

 

がん克服への近道・・・ご相談ください

TEL 084-925-1271

詳しくはこちら➡http://www.qualitypro.jp

 

今日もお付き合いありがとうございました。


皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

 

がん自然治癒研究家・塚本みづほ