がん自然治癒研究家・塚本みづほ

がんを治す生き方

がんを治す生き方を綴っております

毒出しは下半身が鍵

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気

 

がん克服から得た8つの法則

 



本来、人間は体にとって有害な毒素は外に出そうとする働きをします。


尿、便、鼻水、咳、嘔吐、湿疹、汗・・・


様々な形で排出しています。

 

しかし、毒素の排出症状を薬で蓋をしてしまうとどうでしょう。

 

毒は蓄積されていきます。


それどころか、体内に毒が溜まっていくと排泄機能が低下し、さらに排出されにくい状態となります。

 

体の外に出たくて仕方ない毒はやがて 『ガン』 という塊になります。

 

ガンは体、血液の汚れを一手に引き受けた毒の塊です。


詳しくはこちらから➡http://www.qualitypro.jp/20161211150803

 

体の中からの毒だしが必要です。


ガンの方は体温が低く、血流が悪いため浄化機能が衰えています。


そのため、汗をかいても綺麗な水のような比較的無臭に近い汗が出ます。

 

体内の有害毒素を排出するわけですから、本来は体から出る汗は黄色の濁った臭い汗が出ます。

 

有害毒素を排出しやすくするには、足を温めることです。

 

足を温めると血流が良くなり、体の毒素が下半身に移動し、体の外へ排出されやすくなります。

 

足を温めるにはお風呂、半身浴などに加え、下半身を鍛えることも大切です。

 

歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調に合わせ、考えてしてみるのも良いでしょう。


また、血行が良くなるお風呂の中でふくらはぎをマッサージするとリンパの流れを良くなります。


毒だしにはとても良いですね。

 

ふくらはぎは第2の心臓と言われるほどです。

 

足を温め、下半身の血流を良くすることが毒だしの基本です。

 


血液の汚れ、つまり毒の塊であるガンは、その毒を温めてほぐし、下半身に流して体の外に排出してあげることです。

 

そして、毎日のこつこつが大切です。


血行を良くするということは、体のエネルギーも循環させるということです。

 

毒は出す


エネルギーを循環させる

 

まさに鬼は外 福は内 ですね

 

がん克服への近道・・・ご相談ください

TEL 084-925-1271

癌が治る生き方・がん自然治癒への法則・自分で治す自然療法

 

今日もお付き合いありがとうございました。


皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

 

がん自然治癒研究家

塚本みづほ