がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

がんを治す生き方

がんを治す生き方を綴っております

お醤油選び2

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気

 

がん克服から得た8つの法則

 

 

 

私のお醤油選びのこだわりは・・・

 

原材料は重要ですが、私がこだわっているところはもうひとつ・・・

 

仕込み、熟成する容器です

 

私は必ず杉樽で仕込んだお醤油を選んでいます


スーパーに並ぶお醤油は、簡単に一定の温度管理が出来るプラスチックやコンクリートなどの大型のタンクがほとんどです。

 

短時間で大量に仕込むには、これが都合よいのでしょう。

 

しかし、プラスチックやコンクリート、金属容器は微量ですが、お醤油に溶け出してしまいます。

 

さらにこのような大型タンクでは、醗酵、菌を培養して加え、絶え間なく空気を送り込んで維持させています。

 

人為的な管理がないと醗酵しない仕組みは、生きた食品とは残念ながら程遠いですね。

 

一方、杉樽、木桶と言われるもので熟成されたお醤油は、蔵の環境、周囲の自然環境に適応した自然の微生物を活かしています。


何といっても、私が好きなのは、蔵人さんの感覚で、そして丹念にお世話をされたであろう人の温もりと、自然の生命を感じるところが杉樽のお醤油の魅力的なところです

 

がん克服への近道・・・お問い合わせください

084-925-1271

癌が治る生き方・がん自然治癒への法則・自分で治す自然療法

 

がん自然治癒研究家

塚本みづほ

 

 広島県福山市クオリティ・プロ