がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

がんを治す生き方

がんを治す生き方を綴っております

野菜は丸ごとが良い

がんを治す生き方プロジェクト・がんは治る病気

 

がん克服から得た8つの法則

 

 

食材は『丸ごと食べる』のが理想です

 

穀物も野菜も丸ごと食べることが自然ですね。

 

農薬の心配もあり、思わず皮を剥きたくなりますよね。

 

しかし、玄米は、皮の部分にミネラルなどの栄養素がたくさん含まれています。

 

野菜も同じです。

 

例えば、じゃがいもの皮には、鉄、カルシウム、カリウムマグネシウム、ビタミンが、中身よりはるかに多く含まれています。

 

たとえば、じゃがい丸ごとには、お肉の17倍以上の鉄分が含まれているそうです。

 

 皮を捨てるということは、豊富な鉄分などを捨ててしまっていることになりますねあせる

 

また、野菜の皮や茎・種などには、抗酸化物質であるフィトケミカルがたっぷりです。

 

フィトケミカル・がんへの有用性はこちら➡http://www.qualitypro.jp/20160712103027

 

特にスープなどで使うと、だし汁でフィトケミカルが無駄なく摂取できます。

 

丸ごと使うって栄養が豊富で、家計も助かりますね

 

ただし、農薬の除去は必ずしてくださいね

 

 がん克服への近道・・・お問い合わせください

TEL084-925-1271

癌が治る生き方・がん自然治癒への法則・自分で治す自然療法

 

がん自然治癒への道

塚本みづほ