がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

がんを治す生き方

がんを治す生き方を綴っております

時間を与えてくれた、がん、に感謝

がんが治るには・がんが治る生き方を

 

がん克服者がつかんだ8つの法則

 


薬と呼ばれるものは2種類のものがあるということです。

 

・19世紀以前の自然界にある草や根っこ、木や皮を使った伝統療法


・石油を原料とした現代の医薬品

 

石油を原料とした薬物療法は、「逆症療法」とも呼ばれます。

 

なぜなら、石油を原料とした薬物は、自然治癒力の治癒反応を打ち消してしまうからです。

 

治癒反応を打ち消すということは、治癒力と逆向きの作用であり、病気を慢性化してしまう可能性があるということです。

 

最近では、抗ガン剤の毒性、二次発ガンへの高いリスクが表面化され、薬のリスクは随分と知られてきました。

 

また、抗ガン剤治療をしても治らない、それどころか、どんどん弱り亡くなっていく人を見て、抗ガン剤治療などの薬物療法をしない人も増えてきました。

 

抗がん剤の副作用から体を守るはこちら➡http://www.qualitypro.jp/20161023140513

 

しかし、毒性があるのは抗ガン剤だけでしょうか?

 

あんなに抗ガン剤の毒性を嫌がっているのに、他の薬は大量にしっかりと飲んでいる方がいます。

 

自然治癒力を上げたいと言いながら、むやみやたらに薬を飲んでいては自然治癒力はうまく働きません。

 

それどころか、血液をどんどん汚していきます。

 

ガンは血液の汚れからつくられた病

 

血液を汚すことをやっていては、ガンを治すどころか、悪化させてしまいます。

 

なぜ血液が汚れたのか、原因を考えればわかります。

 

【血液を汚す原因】

 

食べ過ぎ・動物性食品の摂りすぎ・砂糖の摂りすぎ・薬の飲みすぎ・ストレス・冷え・・・・

 


同じことを繰り返していては、当然ガンは治りません。

 

血液をキレイにしなければ、また再発します。

 

薬は血液を汚し、体温を下げてしまいます。

 

低体温はガンの道

 

もう一度、食事、生活、環境、生き方、心の持ち方を見直すことが出来るのではないでしょうか。

 

脳や心臓の病気では、一瞬で命を奪われることも少なくはありません。

 

ですが、ガンは時間を与えてくれます。

 

その与えられた時間のあいだに、今までの生き方、自分の愚かさに気付くことが出来るかです。

 


血液の汚れを一ヶ所に集め、塊となって知らせてくれているガンに感謝しなければならないと言うことを改めて思いました。

 

がん克服への近道・・・お問い合わせください

TEL084-925-1271

癌が治る生き方とは・がん自然治癒へ道・明るく前向きに生きる

 

ストレスは、血液を汚します。

 

だから・・・

 

私の愛用品はこちら➡http://www.qualitypro.jp/health-food

 

今日もお付き合いありがとうございました。

 

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

 


(このブログは私個人の意見でありますので、指導するものではございません。ご自身の責任でご判断下さい。)