がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

がんを治す生き方

がんを治す生き方を綴っております

睡眠を摂る時間で体が決まる

がんが治るには・がんが治る生き方を

 

がん克服者がつかんだ8つの法則

 

 

夜が遅い生活をしていませんか?

 

私たちの体は、酵素やミネラルが働いて、夜の10時から3時の間の細胞が作られます。

 

ガン細胞のように、傷ついた細胞もこの時間に修復されます。

 

この時間に寝ていますか?

 

ガンになりたくなければ、この時間は寝ることです。

 

ガンの方を見ていると、夜が遅い方が多いですね。

 

細胞が生まれ変わったり、またガン細胞が修復される時間に起きていると、正常な修復が出来なくなります。

 

主人の帰りが遅いから・・・夫婦の時間だから・・・と言われる方もいるでしょう。

 

しかし、細胞を修復するこの時間を大事にすることで、将来の夫婦の時間を繋げることになるのです。

 

これからも長く一緒に居たいと思うなら、この時間は大事にするべきです。

 

睡眠中も体温を下げない はこちら➡http://www.qualitypro.jp/20160712103027

 

夜10時を過ぎても、活動していると、交感神経が緊張状態になります。

 

夜になっても、交感神経が働きっぱなしでいると、リンパ球が増えません。

 

リンパ球を増やしたければ、眠れなくても、10時にはお布団に入り、副交感神経を優位にすることです。

 

また、成長ホルモンの分泌も夜の10時から2時までと言われています。

 

成長ホルモンはアミノ酸で構成される物質です。

 

主な働きは、組織の成長を促すこと、そして代謝のコントロールです。

 

具体的には、体の成長、肌や筋肉など体組織の修復・再生、疲労回復、脂肪の燃焼、免疫力です。


副交感神経が優位になる時間帯に成長ホルモンは分泌されています。

 

成長ホルモンを分泌させるためには、この時間の睡眠が必要

 


私達、大人にとっても成長ホルモンは、睡眠中に体のメンテナンスをしてくれるなど、大きな役割をしてくれています。

 


それだけでなく、成長ホルモンは組織を修復し、体力を回復させることで病気への抵抗力・免疫力を高める働きがあります。

 

睡眠が不足すると病気への抵抗力・免疫力が下がり、病気にかかりやすくなります。

 

ただしこれは、睡眠が長ければ良いという訳ではなく、成長ホルモンが分泌される時間に寝ている必要があるということです。

 

夜の10時から3時は寝る

 

この時間はしっかり寝て、細胞の修復、免疫力アップに心がけましょう。

 

ガンであっても、毎日楽しまなくてはいけません。

 

しかし、楽しむためには何をしても良いのかといえば、そこは違います。

 

毎日、規則正しい生活をすることが基本です。

 


【早寝早起き・早起きは三文の徳】


早起きは、朝の新鮮な氣を感じ、朝陽に感謝してエネルギーを頂くことが出来まよ。

 

私の強い味方はこちら➡http://www.qualitypro.jp/health-food

 

朝の時間をしっかりと活用し、夫婦でお散歩も良いですね。

 

 がん克服への近道

ご質問・お問い合わせは

☎084-925-1271

癌が治る生き方とは・がん自然治癒へ道・明るく前向きに生きる

 

今日もお付き合いありがとうございました。

 

 

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ にほんブログ村 病気ブログ がんへ

 

 

 


(このブログは私個人の意見、考えでありますので、指導するものではございません。ご自身で考え、ご判断下さい。)