がんと自然治癒力研究所・所長 塚本みづほ

がんを治す生き方

がんを治す生き方を綴っております

がんを通し気づいたこと

がんが治るには・がんが治る生き方を

 

がん克服者がつかんだ8つの法則

 

 

信じる力は、素晴らしいパワーを発揮します。

 

「病の根源は心にある」

 

心が和むと、副交感神経が優位になり、血流がよくなります。

 

がんと心は繋がっている はこちら➡http://www.qualitypro.jp/20160717142958

 

血流がよくなると、体温が上がり、内臓の動きも良くなります。

 

内臓の働きが良くなると、体内に溜まっている老廃物の排出もスムーズになります。

 

 


先週のクライアントさんのメールやお電話でのお話を順番にご紹介します。

 


【卵巣ガン 50代 女性】


西洋医学では、出来る治療はもうない、と言われ、そこで初めて自分がバカだったことにやっと気付きました。


ガンを告知され3年間、見えるガン細胞を消滅させtることだけに囚われてきいた毎日でした。


ブログを見て、電話をしたのが2月の半ば。あれから4か月近くなります。


みづほさんと話すうちに、とても気持ちが楽になり囚われてた自分にも気付きました。


今は、プロポリスの力も借りながら、以前は出来なかった感謝の気持ちで毎日が過ごせています。

 

心が楽になると、不思議と体調が良く、痛みもないので、末期ガンであることが嘘の様です。


ガンがあることも忘れてしまうくらい、元気です。


なんだか死なない気がします。

 

 

【肺ガン40代 男性】の奥様より

 

抗がん治療を終え、主人が退院しました。


あの頑固で何も信じない主人が、なぜかプロポリスだけは病院に持って行っていたので、私の方がびっくりしたんですよ。


病院でも毎日欠かさず飲んでいたようです。


しかも、家にいた時の2倍の量を飲んでたようで、1日20㎖


やっぱり抗ガン剤の副作用や、二次発ガンが怖いのでしょうね。

 

でも、おかげさまで、副作用らしき症状もなく、髪もそのままなんです。


一番私が驚いたのは、主人が「ありがとう」を言ったことです。

 

前の抗ガン剤の時には、当り散らすばかりで、そんな言葉聞いたこともなかったのに・・・


私も嬉しくなりました。


ブログを読んでいるからかな・・・?

 

主人は、昨日から仕事にも行っています。

 

 

【胃ガン40代 女性】


ガンになる前から、飲んでいた抗うつ剤のことがずっと気になっていました。


おの薬のせいで、ガンになったのかも・・・と考えたら怖くなり、さらに鬱が強くなりました。


でもこのままでは、絶対にいけないと思い、いつか抗うつ剤をやめると決め、プロポリスを毎日欠かさず飲んでいます。


自然の恵みに感謝しながら・・・


今まで、口にする物に対して、感謝なんて考えたこともなかったです。


これが私のガンと鬱の原因だと気付かせてくださったことに感謝しています。


そういえば、家族にも感謝が出来ていなかったかも・・・と最近は思います。

 

お通じも良くなり、今は鬱のお薬を飲む日はほとんどなくなりました。

 

先日のガンの検診でも異常なし、と言われホッとしました。

 

 


みなさん、色んなことに気付かれ、それぞれの思いで取り組まれています。


私のクライアントさんは、みんなとっても心が優しい方ばかりです。

 

素直だから、感謝やありがとうが、ガンなおしに必要であることに気付かれるのです。

 

でも時には、切なくなって泣いてみたり、落ち込んでみたり・・・

 

そんな日もありますが、それはガンでなくても、みんなあります。

 

いかにその時間を短くするかだけです。

 

療法、健康食品は、あくまでも、ガンなおしのアイテムのひとつ

 

当然、良いものなら、使わないより、使った方が良い

 

私の愛用品はこちら➡http://www.qualitypro.jp/health-food

 

しかし、基本は自分自身

 

心の持ち方、生き方を変えることです。

 

悩まないことですね。

 

取り組みたいと思ったら、いつでもご相談下さい。

ご質問・お問い合わせは

☎084-925-1271

 

癌が治る生き方とは・がん自然治癒へ道・明るく前向きに生きる

 

今日もお付き合いありがとうございました。

 

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

 

がん自然治癒への道・塚本みづほ

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ にほんブログ村 病気ブログ 子宮体がんへ にほんブログ村 病気ブログ がんへ



(このブログは私個人の意見、考えであり、指導をするものではありません。療法等につきましてはご自身の責任で、ご判断下さい。)